読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファウストの日記

心理学を利用して苦しみを抜け出し、自分を変えることをサポートします

人の気持ちなんて分からないと割り切れば、とても楽に生きることができます



私たちはよく


人に気持ちになって行動しよう

人の痛みを理解しよう

その人の気持ちになってみろ



などと言われます。
そして、これらの言葉を聞くと、


ああ・・・人の気持ちや痛みが分からない自分はなんてだめなんだろう


と反省したり、自分を責めたりします。

あるいは、


あの人は、どう考え、感じているのだろう


そんなことを思って、一生懸命に人の心を知ろうとする人もいます。

ここで皆さんにお聞きしたいのですが、


人の気持ちや考えを知ることは本当に可能ですか?


ということです。

ここで「知る」とは、観察ができるか、ということです。

もし、観察できるものなら、何らかの手段を用いてできることでしょう。
もし、観察が不可能なことならば、不可能なことをやろうとしても決してできませんから、
苦しみを作り出すだけなのです。

私たちはモノや出来事は観察が可能です。
それは第三者でもできることなのです。

一方、思考や感情は体を解剖しても観察はできません。
ここにこんな思考や感情があると人に示すこともできません。

言葉で表そうとしても、正確にそれらを表現もできませんし、
受け取る側は、さらにその表現した言葉をその人なりに解釈するため
思考や感情をそのまま理解はできません。

ましてや、感情を他人がそのまま体験できることはあり得ません。

つまり、思考や感情は、


他人から観察不可能なものであって、
脳内の電気信号や化学反応から生じる現象


ということができるでしょう。

観察もできず、モノとして存在しないものなのです。

こういったものは幻想や妄想と同じなのです。

私たちが他人の妄想や幻想を見ることもできないし、体験もできないように
他人の思考や感情を見ることも知ることもできないのです。

いや、テレパシーで分かるとかというオカルト話はさておき、
現実として、私たちは知りようがないのです。

ですから、人の気持ちになってみるとか、
人の痛みが分かるとか、そのつらさを分かってみろとか、
というのは、絶対に無理なことなのです。


私の気持ちなんて分からないくせに


と言われたところで、本当に分からないのです。
分かったふりをしても、本当は分からないのです。
絶対に分かりっこないのに、分かろうとすると苦しみます。

私たちが人の思考や感情が分かった気になるのは、


私たちの経験に置き換えて
「たぶんこう考え、思っているのだろう」と自分が解釈している



だけなのです。
ですから、その解釈が当たっていることもありますし、外れていることもあるのです。

つまりは、自分の解釈をしているだけであって、決して人の思考や感情を観察しているわけではないのです。

その人でない限り、思考や感情は決して分かりません。
分からないからこそ、


本当はどう考えているのだろうか


などと、推理したり解釈したりする必要もないのです。
相手の思考や感情を見ているのではなく、自分の思考や感情を見ているだけなのです。

自分の思考や感情を見ていることを忘れて、
それを「事実」として信じてしまうと、
必要以上に苦しみをもたらしてしまいます。


あの人のあの言葉遣いや態度や雰囲気は、
私のことを嫌っているに違いない・・・
その証拠に・・・



と、「〜違いない」ということが自分の解釈、自分の思考や感情であることを忘れて、
あたかも、相手が考えて感じているかのように信じてしまう
と、
このような場合、とても苦しくなります。

そんな経験はよくあることでしょう?

こんな時は、


それは決して、相手の思考や感情ではなく、
たぶん、こう考えこう感じているな、ということが自分の解釈にしか過ぎない事実を知るだけ



でよいのです。

それは、当たりかもしれないし、外れかもしれません。
分からないのだから、仕方ありません。

どんなに考えても、悩んでも


他人の思考や感情は観察できないから分からない
分かったように見えても、それは自分の解釈にしか過ぎない
それは当たりかな、外れかな



と割り切るのです。

そうすると、他人が何を考えているのか、どう思っているのかと
悩み続ける必要はないのです。

もちろん、私たちは社会的に生きていますから、


コミュニケーションとして、人の思いや気持ちを分かったふりをする


ということはとても大切なことです。
しかし、あくまでもふりですから、それは思考や感情を観察できたというわけではありません。


このブログを読んだ後、他人の考えや感情を知ろうとして悩んでいる人を見てください。
そうすると、その人が本当に悩んでいるのは、他人の思考や感情に悩んでいるのではなく、
他人を解釈しているその人の思考や感情に自ら苦しんでいるだけであるのを発見できるでしょう。

こんなふうに苦しんで、一度しかない人生を無駄にする必要はありません。
私たちは生きている代償として、さまざまな苦しみを体験します。
死ぬこと、人と別れること、病気になること、年老いること、願いが叶わないことなどです。
絶対に逃げられない苦しみを私たちは体験しながら生きています。

逆に言うと、これら苦しみがあることこそが、私たちが生きていることでもあるのです。
生きているとこのような、誰もが経験する苦しみがあるのに、
さらに、不必要に無駄で、どうしようもない苦しみを自ら作り出す必要なんてどこにもないのです。


人の考えや思いは決して分からないものだと割り切る
その上で、コミュニケーションとして「分かったふりをする」



それだけでも、人生はかなり楽になるでしょう。

『自己変革のための生まれ変わりセミナー REGENERATION』では
何かのせいにするのではなく、これら思考との距離をどのようにしてとり、
どのようにして自分にとって役立つ行動をするのかを学びます。

どんな苦悩があっても活き活きと生きるために。




【自己変革のための生まれ変わりセミナー】
http://v-d-s.net/?page_id=17945


1 漫然と生きているあなたが、死を直視して死から人生を振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

2 生まれてから今までのあなたの人生全てを、催眠誘導で振り返ることによって、大きな気づきを得ます。

3 苦しみの正体を知り、その対処を学びます。

4 自分自身が何者であるのかを知ります。

5 思考や感情が、事実を作り出す単なる幻想や妄想であることが分かるでしょう。

6 苦しみの解消という対症療法ではなく、人生そのもののセラピーです。



脳を一撃し、人生が変わる気づきを得ることができます。
この気づきを得ることによって、あなたの人生はリセットされ、大きく変わります。

あなたの過去、あなた自身としっかり向き合い、あなたをリセットします。
行き詰まりや苦しい状態からの脱却を目指します。

そもそも苦痛を抱える主体である私が一体何ものであるのか、
本当に何をやってゆきたいのかをあらためて考える機会となるでしょう。

このセミナーは、いったん人生をリセットして新たな人生を力強く歩むきっかけとなることは
間違いのないものとなるでしょう。

ひどく心が揺さぶられる体験をしますが、きっと大きな気づきを与えるものになります。
そして、単に「気づき」にとどまらず、あなたの生活や人生を制限し、阻んでいるものを抽出し、
それらがあったとしても、それでも活き活きと歩む方法をエクササイズで身につけます。

つまりは、なりたい自分、歩みたい人生を歩むための行動を強力に後押しするものとなっています。




【メンタルサロン】


私たちV.d.s.は心理学を駆使する様々な自己変革のための手法を開発する一方、
サイコセラピーや催眠、霊気療法も行っています。

私たちのテーマは

不必要な苦しみから抜け出し、生活と人生の本当の幸せを目指す

ということにつきます。

メンタルサロンとは、霊気療法体験やその練習を行う場であり、霊気療法だけではなく、
マインドフルネスの実践や苦しみから抜け出すための方法などもざっくばらんに話し合うお茶会でもあります。
たとえば、

1 霊気療法の練習と体験
2 霊気療法と心理療法の統合練習
3 催眠の利用
4 不安や苦しみから抜け出す心理セラピー
5 マインドフルネス瞑想を利用した苦しみからの解放
6 苦しみや悩み、不安、行き詰まりからの抜け出し方
7 その他オカルトなどあやしい話


など心身の健康と本当の幸福のために、さまざまな体験やミニセミナーを用意しています。

どなたでも気軽に参加できますので、霊気療法などをちょっと体験してみましょうと思っている方は、
ぜひ、このメンタルサロンに参加して、いろんなお話をしましょう。

参加費 2500円

メンタルサロンの詳細はこちらから
 → http://v-d-s.net/?page_id=17296


【5月メンタルサロン】


他のセミナーが入るとメンタルサロンは中止になります。

5月からメンタルサロンは第1,第3日曜の15時半から行うことになりました。

5/21 15時30分から



■ 霊気療法を学びたい人は ■

【病気のための霊気療法】

http://v-d-s.net/?page_id=17938

を参考にしてください。




【正統な霊気療法テキストの発売】

スピリチュアルでない、最も正統な臼井霊気療法のテキスト販売を開始しました。
http://v-d-s.net/?page_id=17938


---------------------------------------------

【私たちについて】
http://v-d-s.net/

【私たちのストア】

ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/