読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファウストの日記

心理学を利用して苦しみを抜け出し、自分を変えることをサポートします

これが苦しさの原因

f:id:neueseele:20160207165851j:plain

 

私たちが苦しみに出会うとき、いつもいつも大きな勘違いをするのです。
特に、出口のないような絶望や無力感に襲われたときはそうです。

その勘違いとは、二つあります。

一つは、現実否定です。
二つ目は、コントロールできないものをコントロールしようとすることです。

このどちらかの状態にある時、私たちは間違いなく苦しんでいます。


現実否定とは、何か嫌なことに出くわしたときに

「こうあるべきではない」
「こんなはずはない」
「こんなこと許されない」

という思考を信じてしまうことです。
これは現実を否定していることに他ならないのです。

すでに起きている現実を目の当たりにして、

「こうあるべきではない」

と現実をいくら思考で否定しても全く意味がありません。
無意味なことに時間を費やし、そこから不必要な苦しみを作り出して
自ら苦しむ必要なんてどこにもないはずです。

起きていること、起きたことを一切否定せず、ありのまま肯定し、
その現実から自分がどうするか、ということがとても重要なことです。

過去を思って後悔しても、過去はすでにありません。
過去と思うものは現在の自分の記憶です。
そして起きてしまったことはなかったことにはできません。

未来を考えても、未来は今にはありません。
未来と思っているのは、自分の思考やイメージにしか過ぎません。

今、今、今だけがここにある現実なのです。

現実を否定しても、絶対に否定できないからこそ、辛く苦しいものとなるのです。
ありとあらゆるものを肯定すること、それが不必要な苦しみを生まないことです。


二つ目の、コントロールできないものをコントロールしようとすること、
私たちがよく陥ってしまうことなのです。

私たちがコントロールできるものといえば、
『自分の行動』と『自分がどこに注意を向ける』か、ということだけです。

思考や感情とは別に、行動は直接コントロールできます。
思考や感情とは別に行動がコントロールできる、ということについては
過去ブログを参考にしてください。

 

v-d-s.net



そして、どんなに苦しい状態になっていたとしても、
苦しみから自分が今いる環境に、自分の注意を振り向けることもできます。

しかし次のものはほとんどコントロール不可能です。

1 思考、感情、衝動など脳内で発生するこれらの作用

これらをコントロールできると主張する人は昔からあいも変わらずいます。
しかし、実際にコントロールできた人を見た人があるでしょうか。
そんなことを私たちができたことはあったでしょうか。

確かに一時的には上手くいくこともありますが、必ずブーメランのように返ってきます。
そして、同じ状況になると同じことをします。
これがコントロールなのでしょうか。

もし、これらがコントロールできるならば、
とうの昔に不安や恐怖、劣等感などはなくっていると思いませんか?
現実はそうではありませんよね。

2 他人

他人は直接コントロールできません。
私たち自身が他人に成り代わって生きることができず、他人がどうするかは
その人が決めることだからです。

言うことを聞かないと殺す、と言ってもその他人をコントロールできません。
なぜなら、言うことを聞かず死んでしまうという選択がその人にはあるからです。

ただし、コントロールできなくても影響を与えることができます。
しかしこの場合でも、私たちの行動を通じてしか、
他人に対して影響を与えることができないのです。
私たちが行動しないことには、決して他人に影響を与えることはできません。

3 社会

これも直接コントロールはできません。
しかし、社会に対して影響を与えることはできます。
それは上のものと同じで、私たちの行動によってのみしかできないのです。


ということは、苦しいからと言って、
思考や感情をコントロールしようとしても、もっとひどくなったり、
一時的にホッとしても同じことを繰り返し続けることになります。

自分の苦しさの原因を他人や社会のせいにすると、
人や社会を自分がコントロールできないため、
ずっと苦しみ続けることになります。

これらコントロールできないものをコントロールしようとすると、
現実否定と同じく、不必要な苦悩に陥ります。
できないものはできないのですから。

物理的に不可能なことを望んでも苦しみだけしかないのです。

私たちの苦しみのとても大きな原因は、この現実否定と
コントロールできないものをコントロールしようとすることにあります。

思い当たることがたくさんあるでしょう。

しかし、実はコントロールできるのに、しようとしないものもたくさんあります。

行動は私たちが直接コントロールできるものですが、にもかかわらず、
頭の中の様々な言い訳

「こんなことできるものか」
「時間の無駄だ」
「時間がない」
「私にはできると思わない」
「お金がもったいない」
「今はその時期ではない」
「まだ私が納得していない」
「近いうちに考える」

を信じて行動しないことが多くあります。

しかも、この時単に行動しないことを「できない」と
あたかも自分でコントロールができないかのように信じてしまっていることです。

こんな言い訳を信じていたら、決して自分が歩みたい人生を歩むことなんてできないでしょう。

私たちは、

コントロールできるものをコントロールする勇気を持ち
コントロールできないものはそれを全て受け入れる平穏な心を育て、
コントロールできることとできないことを見分ける知恵を持つ

ことがとても大切でしょう。

この『自己変革のための生まれ変わりセミナー Regeneration』は、
一般的な自己啓発セミナーではありません。

気分を良くしたり、思考や感情をコントロールしたり、
やる気を出させたりするようなありきたりのものではありません。

生まれてから今までの自分の一切を見直し、
現実をありのまま肯定し、
ありのままの自分と直面し、
どのように生きるべきかという、
自分に関するあらゆるセラピーであり、
人生そのもののメンテナンスでもあります。

文字どおり「生まれ変わり」なのです。


『自己変革のための生まれ変わりセミナー Regeneration』はその技術の集大成です。
文字通り「生まれ変わる」ために、あらゆる心理的技法を駆使して、投入しています。

【自己変革のための生まれ変わりセミナー REGENERATION】

v-d-s.net

 
https://docs.com/user190945/8808
Q&Aはこちら
http://v-d-s.net/?page_id=16741


---------------------------------------------

【私たちについて】

心と人生の自由を取り戻す V.d.s. | 心理学を利用して苦しみを抜け出し、自分を変えることをサポートします

 

【私たちのストア】
ここにしかないものがあります

vds-store.com

 

【病気のための霊気療法】

v-d-s.net

【2月のメンタルサロン】
詳細はこちらから → 

v-d-s.net



2月21日 日曜日 午後3時半から
「自分を変えるために」を中心に雑談会をします
映像を使った簡単なレクチャーもするかも知れません
(希望者には霊気を体験してもらいます)
2月28日 日曜日 午後3時半から
上と同じ

 

※セミナーを開催する場合は、その日のメンタルサロンは中止にします。

【心理的操作原論】
カルトが使うマインドコントロールの手法を公開
悪用厳禁です

v-d-s.net