読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファウストの日記

心理学を利用して苦しみを抜け出し、自分を変えることをサポートします

不必要な苦しみに呑まれる私たち ~ どうすれば苦しまないでいるか




よく誤解されることがあります。

私たちV.d.s.が苦しみをなくす

ということをやっているのだと。
だから、V.d.s.で苦しみをなくそうと考えている人が多いことに気がつきます。

苦しみをなくすということは、今の皆さんがやっている方法なのです。
たとえば、忘れようとしたり、違うことに気をそらしたり、
ポジティブ思考を持とうとしたり、リラックスしようとしたり、
様々なもっともらしい理由付けをして逃げ出したり・・・


こんなことを何年やり続けていることでしょう。
一時的にはホッとしても何年もやり続けていること自体が、
苦しみがなくならない証拠
なのです。
しかも、同じ状況になると同じことをし続けます。

一時的にホッとなるその代償として、
本当はやりたい大切なことができなくなっていることに気がつかない
のです。

そうです、苦しみはなくならないのです。
生きている限り、絶対に苦しみはなくなりません。

苦しみはなくならない、その事実を受け入れることから
新しいやり方が開けるのです。

つまり、私たちV.d.s.は、苦しみをなくすことではなく、
決してなくならない苦しみとの関わり方を変えることを目的として活動しています。

多くの人は、幸せになることを
苦しみがなく、思いが何でも叶うものだと信じています。
そして、そうではない自分は不幸せだと感じています。

考えてもみてください。

死ぬこと、病気になること、別れること、年老いること、
叶わないことがあることは、絶対に避けることができません。




これは現実です。

これらを避けようとしても避けることはできません。
物理的に不可能なのです。
物理的に不可能なことをやろうとすると、そこには苦しみしかないのです。
なぜなら絶対にできないからです。

幸せになろうとしてますます苦しむ構図がここにあります。

病気になることを避けるあまり、あらゆる細菌が怖くなり、
感染が怖いため何事をするにしても消毒を行い、
絶対に病気にかからない確信が持てないと行動できないなら、
部屋から出ることもできなくなるし、生活や人生そのものが台無しになります。
そして、それでも病気にはなる現実を避けることはできません。

この恋人と、この配偶者と、自分の子供や両親と
絶対に別れたくないと思っていても、
それでもいろいろな形で別れはやってきます。

死別や離婚、環境の変化は自分ではどうしようもありません。
どうしようもないものに対して、何とかすると頑張れば頑張るほど、
苦しみは増します。
なぜなら、避けることができないからです。
死ぬことや相手の気持ち、環境はコントロールできないからです。
コントロールできないものをコントロールしようとすると、
やはりそこには苦しみしかありません。

100%の安心がないと行動できない、生活できないと考えると、
生活や人生のあらゆることが不安になってきます。
なぜなら、未来に対して100%の保証はないですし、
誰にもそんなことは出来ないからです。

このようにして考えると、私たちが望む幸せというものは、
ありえないこと、つまり妄想にすぎないことがわかります。

妄想を追い求めると、そこには苦しみや自己卑下しか存在しなくなります。

どうしてこんなに自分は不幸せなのか・・・と。

しかし、苦しみがあるのが正常な状態なのです。

いや! 私はこの苦しみをなくすんだ!!

と考えて行動すると、これまでのように現実を無視した行動をとることになります。
いくら気持ちや考えで現実を否定しても、現実には絶対に勝つことはできません。
ですから、苦しみは増加するのです。




危険な状況の中で、目を閉じて

私は危険ではない

と叫んでいるようなものであって、何の解決にもなりません。
それどころか危険は増大してゆきます。

苦しみがない世界を追い求めて苦しんでいる姿が私たちなのです。
誰も等しく苦しみがあるという現実を受け入れ、
現実からどのように行動するのかを学ぶ必要があります。

つまりは、

避けられないものは受け入れ、
避けられるものに対しては積極的に対処し、
避けられるものと避けられないものを区別する知恵が必要


となります。

これを読んで、このブログで何度も紹介しているニーバの祈りを思い出す人もいるでしょう。




私たちV.d.s.は、

避けられないものをどうやって受け入れるのか
避けられるものをどうやって避けるのか
避けられるものと避けられないものをどうやって区別するのか


を学んでいます。

そうすると、これまで思考や感情で混乱していた状態から、
立ち直ることができます。

絶対にできない苦しみをなくすための不毛で無用な戦いから、
避けられない苦しみとの関わりを変えることを目指しているのです。

どんな思考や感情があったとしても、それでも
人生を活き活きと生きることを目指している
のです。

それはこれまでのやり方を捨てるならば、可能なことなのです。


とは言っても、私たちはともすれば考えたこと、感じたこと、体験したことこそが事実であり、
真実であると固く信じてしまうことでしょう。

しかし、これらにとてもこだわる人は、苦しみが多い人だとの結果があります。

よくよく調べてみると、

・その人にとっての真実は万人の真実ではないこと、
・そもそも考えや感情というものは、脳内で作られ、その人以外には体験できないもので、
他人から観察不能なものであること、


これらを踏まえると、考えや感情は真実や事実ではないことがわかります。
事実でないどころか、幻想や妄想の類だということがわかるでしょう。

なぜなら、真実や事実というものは、

万人共通のものであり、
他人からも観察可能なものであって、
それを信じようが信じまいが、それでも真実や事実はそこにある、


という性質のものだからです。

自分だけの思考や感情を、
他人に対しても適用できる真実や事実と信じて行動する人を見てください。

その人は対人関係、対社会関係でトラブルが多くはないですか?

私たちV.d.s.は、これまでみんながやってきて長期的には効果がなく、
それでいて生活や人生に制限を与えているやり方からの脱却を目指しています。

時には棍棒で頭を殴られるような強い人生の痛みを感じるものもあります。

家族など大切な人の死や別れなどです。
それらは避けることができません。
避けようと努力しても避けることはできません。
避けようと努力するその過程で苦しみは増加します。
恐ろしいことに、その間は生活や人生が台無しになっています。

そんなことを繰り返し体験して、

どうしてこんなにも私は不幸せなんだ

と、嘆いています。

避けられないものは積極的に受け入れ、
脳内で発生する思考や感情という幻想や妄想にとらわれることなく、
それでも自分が目指す方向に歩いて行くことができるのです。


無条件で受け入れることを Acceptance といいます。




苦しみを避けようとして動きを止め、
それでも苦しみに出会ってそのままもがいてもっと苦しんでいる間、
人生を生きないでいるのか、

それらは避けることができない痛みとして受け入れ、
どんなに悲しみつつも、それらの思考や感情を抱えたまま、
それでも自分が生きる人生を生きるのか、

私たちは、実は選択できるのです。

V.d.s.の方法は、皆さんがやってきた「常識」とは全く別物です。
これまでやってきたやり方にこだわるならば、
結局は今の苦しい部分を嘆き、一時的な安心と引き換えに
やりたいことができない人生を選択するでしょう。

しかし、こんな自分が嫌だ、本当になんとかしたいと考えるならば、
人は積極的に新しい方法を採用するでしょう。

この世には、楽して、たちまちに気分が良くなる魔法なんてものは存在しません。
魔法を追い求めているからこそ、今の自分があるのです。

私たちはV.d.s.には、魔法を追い求めても仕方がないと

本当に気づいた人

だけがやってきます。




魔法を求めてさらに人生を歩まないでいるか、
それらを妄想として見抜いて、新しい方法を習得するか、

それは選択

なのです。

今の自分の姿こそ、どんなに偽ったとしてもこれまでの選択の結果なのです。



私たちV.d.s.には活き活きと生きるための大きな三本柱があります。

もし、頭から湧き出す思考や不安などの感情に左右されない行動をとることができたとしたら、
一体私たちはどうなることでしょうか。 (マインドフルネスなどの使用)

もし、原因の追及に力を注ぐ問題志向ではなく、
原因はともかく今から未来に向けての解決志向を基本原理とするならば、
一体私たちはどうなることでしょうか。 (解決志向型の戦略)

もし、私たちが持っている自己治癒力を増進するかもしれないものを
最大限に増強することができたとしたら、一体私たちはどうなるでしょうか。


この三つを軸に私たちはさまざまなことを考え、実践しています。

その目的は

一度しかない人生を活き活きと生きる

ということに尽きます。

もちろん、これらを身につけることはすぐにはできません。
これらは魔法ではないのです。
しかし身につけると人から見たら魔法のように見えます。
そして、きちんとエクササイズをこなしてゆくと誰でもできるものです。

本当に自分をよりよく変えて、活き活きと生きたいという強い気持ちが
変化する自分を支えます。


◎メンタルサロンで行うこと

私たちはV.d.s.は、マインドフルネスをできるだけたやすく身につくように
さまざまな研究を重ねています。
さらに、マインドフルネスを中心に、行き詰まり、苦悩に打ちのめされた人たちが
根本的に変化できるようさまざまな手法を開発しています。

メンタルサロンhttp://v-d-s.net/?page_id=17296)では、マインドフルネスが初体験で、
何をどうやったらいいのかわからないという人にうってつけです。

楽しく、そして身につくものを提供しています。
ぜひ、興味がありましたら参加してみてください。

一緒に楽しみましょう。


■マインドフルネス瞑想

マインドフルネス瞑想は、不安やうつなどの改善だけではなく、
人生や仕事を豊かにするための大きな力となるものです。
仏教ヴィパッサナー瞑想から宗教色を取り除き、心理的技術として確立しました。

その有用性は、Google社やFacebook社が社内教育に取り入れるほどです。


■霊気体験

時間があれば、希望者に対して本当の霊気も体験してもらいます。
私たちの霊気についてはこちらを参考にしてください。

【病気のための霊気療法】
http://v-d-s.net/?page_id=15283


【8月メンタルサロン】
霊気などもしますので、ぜひ参加してください。
詳細はこちらから → http://v-d-s.net/?page_id=17296

8/10 メンタルサロン 19時
8/13 霊気の源流を訪ねる旅行
8/21 メンタルサロン 16時
8/24 メンタルサロン 19時


---------------------------------------------

【私たちについて】
http://v-d-s.net/

【私たちのストア】
ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/

【自己変革のための生まれ変わりセミナー】
http://v-d-s.net/?page_id=17945