読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファウストの日記

心理学を利用して苦しみを抜け出し、自分を変えることをサポートします

マインドフルネスを日常に活かすと、できなかったことができます




クレーマー・・・

この言葉の響きから、厄介だ、頭がおかしい、迷惑などさまざまなものを感じてしまいます。
しかし、実際に適切に対応してみると思ったほど困難なものではない場合が多いです。

もちろん、自分が何をやっているのかわからない状態の人や脅迫や強要、犯罪などをする人に対しては直ちに警備員と警察を呼ぶ必要があります。


さて、今日私のところにまでクレーマーの電話が入りました。
セラピーなどではなく、私の本業に関してのことです。

私のところまでクレーマーの相談があること自体、とても強者であることは間違いないし、部下たちが討ち死にしたことからもそれがわかります。

部下たちの話からは、仕事の内容ではなく、その対応や言葉遣い無礼だ、ということを言っているようです。
それも何回も何時間も電話があったそうです。
最初の担当者の上司たちが対応しても、言葉尻や揚げ足を取られ、その上司たちもまた当事者になってしまいました。
本人が非を認めて謝罪せよ、と要求されたそうです。

私のところまで話が上がってくると、ことを収め幕引きを図るのが役目となります。
具体的には、嘘をつかず、先送りにすることなく、ごまかさず、できない約束もせず、その場しのぎの回答もせず、本人に謝罪させることなく、相手に理解してもらって話を終えることです。

結果は約20分の電話で上に書いたすべてのことをやり終えました。

こんな時、いつも心理学、心理療法を学び、使っていてよかったと思うのです。

相手に対しては、「何が悪いのか」ではなく「どうすれば解決するのか」というブリーフセラピーの基本である解決志向のさまざまな方法を用いることができます。
そして、自分に対しては、マインドフルネスなどで思考や感情が巻き込まれずに対応できます。
思考や感情に巻き込まれないですから、冷静に次にどうすればいいのか、この人は何を困っているのか、本当はどうして欲しいのかを把握できます。

むしろ、私にはこのような困難な状況こそ、スキルを試す場であり、ゲームであると感じるのです。

特にマインドフルネスについて言えば、いったん身につけるととても役立つものです。
私たちは普段、思考や感情に振り回され、思考や感情が良くないと行動できないかのような誤解を持って生きています。
そのために、まずは思考や感情を良くするためのさまざまな方法を行います。
しかし、このような方法は一時的に効果があったとしても、またブーメランのように返ってきます。

だから同じことを繰り返すのです。
同じことを繰り返すことは、役に立たない方法であると言えます。

マインドフネルスは、どんな思考や感情を持っていたとしても、それを否定することなく、取り去ることなく、コントロールすることなく、逃げ出すこともなく、それらを持ちながら別の行動をすることを学ぶのです。

思考や感情は、脳内の幻想や妄想にしか過ぎません。
幻想や妄想に振り回されて、長期的にみて効果がないコントロールや逃避、回避を繰り返したところで、人生や生活に制限を受けることは間違いないですし、実際にひどく苦しむことになるでしょう。

言い換えれば、マインドフルネスは幻想や妄想に反応しないスキルとも言えるでしょう。


たとえば、目の前に嫌な場面が展開されていたとしましょう。
これまでは、もっともらしい言い訳をしてその場面から逃げたり、打ち勝とうと戦ったり、気持ちを落ち着けようと努力したり、ポジティブに考えを変えようとしたりしてきたことでしょう。

しかし、本当のことを言えば、そんなことをすることなく、その嫌な場面をそのまま歩いていけばいいのです。

そうすると、嫌な場面は自分の外の世界にあるのではなく、自分の思いや感情を外の世界に投影しているだけだと気づくでしょう。
幻想、妄想であったことに気づくのです。

一方、思考や感情を現実と信じている限り、これらと戦ったり回避したりというやり方をやってしまいます。

思考や感情をどんなに現実のように感じたとしても、所詮は自分の頭の中の出来事なのです。


マインドフルネスは理解することではありません。
スキルですから練習して身につけることなのです。

身につけると、人生はもっともっと広がり、これまで自分が勝手にできないと思い込んでいたものから解放され、それができるようになります。
それだけでも人生は変わることでしょう。
できなかったことができるようになるのですから。


物理的に不可能なこと以外はできるのです。
それを不可能にしているのは、私たち自身の思考という思い込みなのです。


私たちは物理的に不可能なことをしようとして、それができずに苦しみ、
物理的に可能なことをせずに、それに苦しむのです。

一度しかなく、いつ終わるか分からない私たちの人生を、もっともっと活き活きと生きましょう。



こういったことを私たちはV.d.s.は、できるだけたやすく身につくようにさまざまな研究を重ねています。

メンタルサロンhttp://v-d-s.net/?page_id=17296)では、このような瞑想が初体験で、何をどうやったらいいのかわからないという人にうってつけです。

楽しく、そして身につくものを提供しています。
ぜひ、興味がありましたら参加してみてください。

一緒に楽しみましょう。




◎メンタルサロンで行うこと

■マインドフルネス瞑想

マインドフルネス瞑想は、不安やうつなどの改善だけではなく、人生や仕事を豊かにするための大きな力となるものです。
仏教のヴィパッサナー瞑想から宗教色を取り除き、心理的技術として確立しました。

その有用性は、GoogleFacebookが社内教育に取り入れるほどです。

Wikipedia マインドフルネスストレス低減法
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%B9%E4%BD%8E%E6%B8%9B%E6%B3%95

ライフハッカー 記憶力や免疫力をも上げる? 「マインドフルネス」とは結局何なのか
http://www.lifehacker.jp/2014/01/140124mindfulness.html

実際に有効と思われるマインドフルネス瞑想を体験します。

■霊気体験

時間があれば、希望者に対して本当の霊気も体験してもらいます。
私たちの霊気についてはこちらを参考にしてください。

【病気のための霊気療法】
http://v-d-s.net/?page_id=15283


【5月・6月メンタルサロン】
霊気などもしますので、ぜひ参加してください。
詳細はこちらから → http://v-d-s.net/?page_id=17296

5/25 メンタルサロン 19時
5/29 メンタルサロン 15時30分

6/6  メンタルサロン 15時30分
6/8  メンタルサロン 19時
6/19 メンタルサロン 15時30分
6/22 メンタルサロン 19時


---------------------------------------------

【私たちについて】
http://v-d-s.net/

【私たちのストア】

ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/