読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファウストの日記

心理学を利用して苦しみを抜け出し、自分を変えることをサポートします

私たちの苦しみの大半は現実を否定することにあります




私たちは物理的にどうしようもない出来事に遭遇したならば、
どうするでしょうか。

たとえば「死」が迫っているとき。

私たちは永遠には生きないですし、いつ死ぬかわからない存在です。
これから何年も、何十年も生きる保証なんでどこにもありません。
全くありません。


死について少し語ってみましょう。

なぜ生きているのかと問われれば、それは

死んでいないから

ただ、それだけです。
生きること、そのものにはもともとは意味はありません。

私たちは、もともと意味のないものに対して

意味づける

ということをやってのけます。
意味づけはどんなものに対しても、どんなことでもできます。
意味づけに対しては正しいも間違いもありません。

正解がないものに対しては何を言っても正しいし、逆に間違いでもあるのです。
そもそも正しい・間違いも私たちの思考が生み出す判断にしか過ぎません。

そして、どんなに生きることを意味づけたとしても、
経験を積んだとしても、死の前には一切無効です。

私たちはみんな死にます。

生きることは努力しなければできませんが、死は放っておくと確実に訪れるのです。
いや、放っておかなくても訪れます。

絶対避けられない死を前にしたとき、私たちは

その現実を否定しようとし、
なぜ自分が、と怒りが湧き上がり、
最後にはそれを受け入れ、
安らかに死んでゆく

ということをします。

そう、最後には現実を受け入れるのです。
避けられない現実を受け入れることは、
避けられない現実と戦うよりはるかに心にとっては生産的です。


私たちは現実とどんなに戦ったとしても負けます。
現実を

こんなもの認めない

思考で否定しても何も変わりません。



そして、現実に抗うと、ますます苦しみが強くなります。
これは不必要な苦しみなのです。
不必要な苦しみを自ら造り出して、自らの行動を制限する必要はどこにもありません。

物理的に不可能なことは、どんなに頑張っても不可能なのです。
それを何とかしようとすると、現実を否定して不必要に苦しみます。
私たちの苦しみの大半は、現実を否定することによって生じるのです。

たとえば、

人に自分の悪口を言わせない

ようなものです。

確かに悪口を言われると気分が良くないものですが、
では、悪口を言わせない対策があるでしょうか。

お願いしても、殴りつけても悪口を言うかどうかは、相手が決めることです。
そうしたところで、悪口を言わない保証は全くありません。
その人に成り代わって、私たちがその人が何をして、何を考えて、どんな行動をとるべきか、なんて支配できないのです。

つまり、人の考えや行動を支配できない現実があります。

この現実を無視して、

悪口を言わせない

対策なんてもともとないのです。

人はコントロールできません。
コントロールできるのは自分の行動だけ
なのです。

人の評価は、その人の思考の内容を口にしているだけで、
それが事実ではないいし、私たちの本質について語っているわけでもないことは、
私のブログを読んでいる人たちはもうわかるでしょう。

その人の思考の内容をよくするために、私たちは生きているわけではないのです。

もし、悪口を聞いて、自分に直すべきところがあるなら
自分のために直せばいいのですし、
そうでなければ、その人の思考の内容を聞いてあげましょう。


ただそれだけなのです。

私たちは、物理的に不可能なことばかりして苦しみます

思考や感情なんてコントロールできないことは、
毎回、同じ状況になると同じコントロール対策を繰り返していることから見て、
長期的には役に立たないことは、体験からでもわかるでしょう。

不安や恐怖を感じなくなった人を見たことはないでしょう。
嫌な思いを頭からきれいになくしたり、コントロールした人を見たことはないでしょう。

できないことをやり続けると、同じことを繰り返し、
コントロール対策がなければ、行動ができなくなってしまうのです。

嫌な気分があると、まずはいい気分に変えないと行動できなくなるのです。
これは、感情をコントロールしているようで、
実際は感情の内容によって行動がコントロールされている状態です。

さらに、私たちは物理的にできることをせずに、それによって悩むこともします。

思考や感情は行動をコントロールしていないにもかかわらず、
行動をコントロールしようとしないで、コントロールできない思考や感情をコントロールしようと躍起になります。

物理的に不可能なことは、無条件で受け入れることしかできないのです。
物理的に可能なことは、それに対して変える努力をするのです。
そして、物理的に不可能かどうか、それを見分ける知恵が必要となります。


これまでなんども紹介したニーバーの祈りはきっと役に立つでしょう。

私に変えなければならないものを変える勇気を
どうしようもないものを受け入れる静穏さを
そして、これらを見分ける洞察力を与えてください


今、私たちが悩みどうしょうもないことは、
物理的に可能な解決があるでしょうか。

あれば、自分の行動を変えましょう。
なければ、無条件に受け入れましょう。

そうすると、きっと人生で行き詰まったり、
立ち止まって身動きできなくなることもなくなるでしょうから。




ポジティブ思考、断捨離、思考・感情のコントロール、モチベーションを高める・・・
これまでやり続けてきたこのような方法と真逆のことを私たちはやっています。

同じことを行って、違う結果は絶対に出てきません。
そして、同じことを行う必要もありません。



『自己変革のための生まれ変わりセミナー REGENERATION』については
こちらからご確認ください → http://v-d-s.net/?page_id=14714


---------------------------------------------

【私たちについて】
http://v-d-s.net/

【私たちのストア】

ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/

【5月メンタルサロン・スペシャルメンタルサロン】
霊気などもしますので、ぜひ参加してください。
詳細はこちらから → http://v-d-s.net/?page_id=17296

5/15 メンタルサロン 15時30分
5/25 スペシャルメンタルサロン 19時