読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファウストの日記

心理学を利用して苦しみを抜け出し、自分を変えることをサポートします

苦しいときこそ、幻想・妄想から抜け出す

 

f:id:neueseele:20160314220646j:plain


たまに電車に乗っているとき、独り言をぶつぶつと言ったり、
誰もいない空間に向かって話している人がいたり、
あたかもそこに何かがあるかのように手を払いのける仕草をする人を見ることがあります。

彼らは誰と話しているのでしょう。

彼らには「それ」が見え、「それ」が聞こえ、「それ」が何かをしてくるのです。
しかし、私たちには彼が見ているものはまるで見えないし、聞こえもしないのです。

彼にとっては「それ」が現実であり、私たちにとっては「それ」はそもそも存在しません。

幻想や妄想と事実(実体)との大きな違いは、

事実は他人からも観察可能な物体、物質、出来事で、本来意味がないものです。

幻想や妄想は他人からは観察不可能なもので、脳内で発生する思考、感情、記憶、イメージ、判断、解釈、理由付けなどで、さまざまな意味づけがなされています。

彼が見て、聞いているものは明らかに幻想や妄想です。

私たち人間は不思議なものです。

不安や後悔、心配や怒りなどで苦しんでいる時、
記憶や判断、イメージを総動員してそれを味わっているのです。
それはとてもリアルなものです。
リアルだからこそ、思考や感情が次々に反応してゆくのです。
その思いや感情が私たちを支配すると、相手や自分を攻撃したり、そんな状況から逃げ回ったりします。

思考や感情の渦の中にいる時、どんなリアルな体験をしていても頭の中にしかありません。
頭の中は誰にも見えません。

そんな姿を他人が見るとジッとして止まっているだけです。

 

f:id:neueseele:20160314220625j:plain



不思議なものです。

電車の中の彼と何が違うのでしょうか。

苦しいと感じているのは本人だけなのです。
どんな苦しみが頭の中で展開されても、それとは全く関係なく世界は動いています。

ものを見聞きして、それを解釈して、解釈したことを事実と自動的に信じてしまいます。

自分の解釈にしか過ぎないもの(頭中の出来事 幻想や妄想) = 事実

と自動反応するのです。

刺激を与えられると自動反応するように、機械的に

自分の解釈にしか過ぎないもの(頭中の出来事 幻想や妄想) = 事実

と反応してしまうのです。

これらは全部私たち自身がしているのです。

と言うと、必ずわざわざ、こんなことを言う人がいます。

こんな嫌な気分にさせた人や出来事が悪いんだ


人や出来事を解釈するのは自分なのです。

人や出来事が私たちの思考や感情を操ることはできません。

自分が人や出来事を見聞きして、それを解釈して、その解釈を信じて、
それに見合った思考や感情をさらに発生させ続けているのです。

私たちは自分自身の嫌な気分や思いを人や環境のせいにしてしまいます。

気分や思いは頭の中の幻想や妄想にしか過ぎないのに、それを事実と疑いもなく信じて、
そうさせたのは、私たち自身ではなく、人や環境がそうさせたと信じます。

もし、人や環境がそうさせたというなら、
解決法は人や環境、出来事を直さないといけなくなります。

現実の話として、人や環境、出来事は私たちはコントロールできません。
コントロールできなければ、解決できないことになります。

ほら、行き詰まりました!

頭の中の出来事にしか過ぎない思考や感情という幻想や妄想を事実として捉えている限り、必ずこうなります。

私たちを苦しめる思考や感情は、
自分だけの頭の中の幻想や妄想とハッキリ気づくことがいちばん大切なのです。

ここを忘れると、これまでと同様の行動を取ります。

幻想や妄想をなくそうとして戦ったり、逃げ出したりするのです。
幻想や妄想のせいで自分や他人を苦しめる行動をするのです。

アルコール中毒患者は、体に無数の虫が這い回っている幻覚を見るようです。
彼にはそれが「見え」ますから、事実のように信じます。
だから、怯え、叫び、体を掻き毟るのです。

本当はなにもないのに。

私たちも同じことをしているのです。


幻想や妄想に気づいたら、そのまま放置して、それに反応しない


ということです。

これは、自転車乗りと同じように、スキルなのです。
スキルは身につけないといけないものです。

頭で理解しないと身につかないものではありません。
頭で理解しても身につきません。

とにかくやってみて、やり続けるしかないのです。

いつまでにできるか、本当にできる保証はあるのかとたまに聞いてくる人がいます。
自転車乗りをする時、人に習得時期を聞いたり、保証を求めるでしょうか。


物事を解釈して反応してしまうのも自分。
その反応の結果、苦しむのも自分。
それに反応しないスキルを身につけるのも自分。



私たちは不必要な苦しみを自分で作り出し、自分で身動きできなくしています。

不必要な苦しみを作り出すのはもういい加減やめませんか。
不必要な苦しみがなければ、人生や生活はたぶん、大きく変わるのです。


苦しい苦しいと言いながらそこに留まるのも自分。
抜け出すのも自分。



私たちの生きている時間は限られていますし、いつ終わるか分からないのです。

ならば、残された時間、同じことを繰り返して不必要な苦しみに埋没するより、
不必要な苦しみをなくして活き活きと有意義な人生を生きてみませんか。





【3月のメンタルサロン・スペシャルメンタルサロン】
霊気などもしますので、ぜひ参加してください。
詳細はこちらから → http://v-d-s.net/?page_id=17296


【ニューライフ・セミナー】
人生を変革するための技法をとことんまで学びます。
詳細はこちらから → http://v-d-s.net/?page_id=17354


【自己変革のための生まれ変わりセミナー REGENERATION】
文字通り「生まれ変わる」ために、あらゆる心理的技法を駆使して投入しています。
http://v-d-s.net/?page_id=14714

---------------------------------------------

【私たちについて】
http://v-d-s.net/

【私たちのストア】
ここにしかないものがあります
http://vds-store.com/