読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファウストの日記

心理学を利用して苦しみを抜け出し、自分を変えることをサポートします

頭の中の戦場 ひとりお化け屋敷

 

f:id:neueseele:20160209203056j:plain


私たちは生まれながらにして戦場にいるようなものです。

そう、武器を持って戦っているのです。
敵軍は、不安や恐怖、孤独や自信喪失、イライラ、怒り、悲しみなどです。

私たちはこの戦いに負けるわけにはいかないのです。
この戦いに負けてしまうことは破滅を意味すると信じているのです。
だから必死に戦うのです。

突然大挙として敵軍が攻めてくることもあります。
敵軍が攻めてきた時、私たちはそれを撃退しようとあらゆる努力をします。

 

こんな最中、

「戦争をなくす方法を知っている。それは簡単なことだ」

と絶望的な状況の中でその「魔法の方法」を説いて回る人まで現れます。


その人は戦争になるたびに何度も何度も現れるのです。
そして、よくよく見るとその人自身も武装しているのです。

その人が何度も現れるということ自体、
その人の方法で戦争がなくなったことがないという事実に多くの人は
気づかないのです。

その人の助言通りにあなたは敵軍に勝とうとするのです。

 

敵軍に打ち勝とうと果敢にも応戦しながら前進することもあるでしょう。

 

あるいは、「これは私の人生にとって素晴らしい機会だ」と必死で言い聞かせ、
一人一人の敵軍の兵士を良い人だと思い込んで意味づけを変えようと
涙ぐましい努力もしてきたかもしれません。

 

あるいは、弾が当たらないように懸命に隠れて生きようとしているのに、
「死にたい、死にたい、死にたい」と呪文のようにつぶやいているだけかもしれません。

 

あるいは、敵軍と和平交渉をするかもしれません。
そう、停戦、休戦なのです。
しかし、いつ戦争が始まるかもしれませんし、戦争が怖いからといって、
敵軍の言いなりや奴隷のようになってしまうかもしれません。

 

あるいは、目を閉じ、耳を塞ぎ、声も出さずにやり過ごそうとするかもしれません。
しかし、そうしたなら、戦争中はずっとそうしていなければなりません。

ある時は、敵軍を滅ぼすところまで追い詰める時があったかもしれません。
しかし、敵軍がなくなることは決してなく、また再び兵力を増強して攻めてきます。

 

私たちの脳が壊れるか、死んでしまうまでこの戦いは続きます。
いちばん恐ろしいのは、戦争をしている間、その地点から離れることができないことです。

 

私たちの人生はこんなものです。

 

本当にやりたいことは、このような戦場で戦うことではないはずです。
戦場にいる間、やりたいことができないのですから。

 

本当のことを言いましょうか。

実は、

 

「戦いをやめた」

 

と言って武器を持たず、戦場の中をそのまま一直線に歩いて行くことができるのです。

 

確かに弾は飛んでいるし、以前のように激しい戦闘もあるでしょう。
見える景色は何も変わりません。
けれども、実際は弾や敵軍は体を素通りしてゆくのを体験するはずです。

血は流れ、叫びが聞こえ、爆発音、悲鳴まで聞こえます。

 

私たちはそれらを避けようと戦ったり、逃げ回ったり、ごまかしたりしてきました。
この戦いは私たちが人間として生きている限り消えることはありません。
戦場をなくすことはできません。

しかし、その戦場で戦うことがないこと、その戦場を無傷で歩いて行くことができることを知るでしょう。

 

確かに武器を捨てて、戦場のど真ん中を隠れることなく歩いて行くことは勇気が必要でしょう。
でも、歩いて行くとわかるのです。
弾が素通りしてゆくことが。

たまに、戦場に戻ってしまうこともあるかもしれません。
そんな時でも、また武器を捨てて戦場のど真ん中を歩いて行くことができるのです。

戦争に時間を費やす必要もありません。

 

この戦争は、実は自分の外にはないものなのです。

そう、自分の頭の中の戦争を世界に投影して、現実にあるものとして振舞ってきただけなのです。

もちろん、生きている限り戦場は頭の中にあり、戦場の状況は依然として不快ですが、
戦う必要すらなくなるのです。


このたとえ話はよく第3世代認知行動療法のACTで使用されているものです。
私たちV.d.s.のやり方の基本は、このACTなどをベースとした純粋に科学的なものです。

 

戦争に勝つためには、まず敵軍を制圧すること、という一見正しいことが、

実は、私たちの人生そのものを不快な思考や感情対策に駆り立て、
これらの思考や感情対策が、私たちが本当に歩みたい方向を歩ませてくれないのです。

一見正しいと思われていることが、私たちの苦しみを維持しているようなものです。

 

もし、これまでの方法が正しければ、どうして今同じことを繰り返しているのですか。
不安や恐怖などネガティブといわれる思考や感情は既になくなっているはずですし、
モチベーションやポジティブ思考でいっぱいになってバリバリと生きているはずではないですか。

 

実際はそうではないでしょう?

 

戦場に現れて魔法を語る人は、もう何度も現れています。
正しいことを語っているように思ってしまいますが、その人の言葉はどうでもいいのです。
言葉より、その人がもう何度も何度も現れている事実が何を物語るか、
その人の行動に注目すると、自ずから魔法があるかどうかはわかることです。

 

戦場とは違うたとえで言うと、頭の中の映像を見て、「ひとりお化け屋敷」を演じているだけなのです。

他人から見たら、何もその人の周りにないのに、ひとりで怯えたり、
不安になったり、苦しんだりしているだけなのです。

 

f:id:neueseele:20160209204114j:plain

 

それは、自宅に一人でいても、会社で働いていたとしても、
散歩をしていたとしても、遊園地にいたとしても、
今、目の前のことを見ずに、頭の中のお化け屋敷にいて、ひとり苦しんでいるだけなのです。

心は「今、ここ」にないのです。
その人の頭の中だけではお化け屋敷が「今ここ」の事実のように感じているのです。


私たちV.d.s.は、

 

心理学でビジネスを成功させようとか、
道徳的に正しくあらねばならないとか、
現実を無視して救いの世界に入ろうというものとか、

 

では決してありません。
こういった小手先の方法には興味はないのです。

最終的にはどんな状況であったとしても、豊かで価値ある人生を活き活きと歩むことに尽きるのです。
それは、思考や感情対策で人生を浪費することなく、自分にとって良いものだけを残し、そうでないものを切り捨てるという、できもしないことを強調している訳でもありません。

 

私たちがやってきたことすべてと直面し、それらをリセットし、
これまでとは全く違うアプローチで、限りある人生を楽しみたいと思うのです。

 

『自己変革のための生まれ変わりセミナー Regeneration』はその技術の集大成です。
文字通り「生まれ変わる」ために、あらゆる心理的技法を駆使して、投入しています。


私たちは様々な言い訳を現実のものと信じて、
結局その言い訳を信じたとすれば、今の苦しい現状維持が続くだけなのです。

 

同じことを繰り返しても、同じ結果しか出ません。
そうしているうちに、私たちは一切の例外なく確実に死に向かっています。

 

自分の一部を勝手に悪いと決めつけて切り取る必要なんてないし、
そもそもそんな器用なことができないことはもうわかっているはずです。

今の自分こそ全てであり、そこには余分なものも、不必要なものもありません。

 

ついでに言うと「壊れた人」なども存在しません。
ただ、やり方が間違っているだけなのです。
ただ、やり方が現実に即していないだけなのです。

 

思考や感情が私たちを止めようとしたとしても、それでもそれらとは関係なく
「役立つ行動」を取ることができます。

役立つ行動は、正しい・間違い、優れている・劣っている、快・不快などという
思考が生み出す判断とは別にあります。

 

今の自分が、これからに向かってどれほど「役立つ行動ができるか」という、
行動をコントロールすることによって、豊かな人生を創造することができるはずです。

今の自分の人生に変化を与える強い動機を持ち、その行動を行うならば、
戦場を無傷で歩いて行くことができます。

 

戦場にとどまるか、そうでないかは結局はその人の選択にしか過ぎないのですから。

 

【自己変革のための生まれ変わりセミナー REGENERATION】はその技術の集大成です。
文字通り「生まれ変わる」ために、あらゆる心理的技法を駆使して、投入しています。

v-d-s.net

---------------------------------------------

【私たちについて】

心と人生の自由を取り戻す V.d.s. | 心理学を利用して苦しみを抜け出し、自分を変えることをサポートします

 

【私たちのストア】
ここにしかないものがあります

vds-store.com

最近よく売れているのが「ヒプノセラピーテキスト」です。

 

【病気のための霊気療法】

v-d-s.net

【2月のメンタルサロン】
詳細はこちらから → http://v-d-s.net/?page_id=15073

2月21日 日曜日 午後3時半から
「自分を変えるために」を中心に雑談会をします
映像を使った簡単なレクチャーもするかも知れません
(希望者には霊気を体験してもらいます)
2月28日 日曜日 午後3時半から
上と同じ

※セミナーを開催する場合は、その日のメンタルサロンは中止にします。

【心理的操作原論】
カルトが使うマインドコントロールの手法を公開
悪用厳禁です

v-d-s.net